横浜エリアのネイルサロン検索なら「横浜ネイルnavi」横浜・川崎・関内・上大岡・藤沢など、神奈川県のネイルサロンを多数掲載中!

ネイルサロン専門ポータルサイト(横浜・川崎)!
ジェルネイル、スカルプ、ネイルアート、etc...
横浜のネイルサロン情報とお得なクーポンが満載!

横浜ネイルnavi

横浜ネイルnaviTOP > 教えて!ネイリストさん・ジェルネイル・スカルプチュア・ソフトジェル・ハードジェル・マニキュア・フットネイル・爪・自爪

教えて!ネイリストさん

電話予約のポイント

ジェルネイルって何?

ジェルネイルとは、ジェル状の樹脂を爪にのせ、人体に害のない紫外線(UVライト)をあて硬化させて作る人工爪のことです。ジェルネイルは持ちが良く、美しいツヤや透明感が出ます。ジェルネイル専門店も多数あり、今人気のネイルメニューです。また、ポリッシュ(マニキュア)では、しっかり乾くまでに時間がかかったり、乾く前に爪がぶつかってしまうと、ネイルがよれたり剥がれたりしてしまいますが、ジェルネイルはUVライトで硬化させるため、乾かす時間は必要ありません。
Check
ジェルネイルには、ソークオフジェル(ソフトジェル)と、ハードジェルの2種類があります。

ソフトジェルって何?

ソークオフジェル(ソフトジェル)は、『リムーバーで落とせるジェル』のことを差します。リムーバーとは、ネイルカラーを落とすことの出来る溶液のことです。ジェルのリムーバーには、アセトンという成分が含まれており、このアセトンでジェルを溶かして、オフする(はがす)ことができます。メーカーによって異なりますが、透過性があり「水・空気 」を通すので、カビが生えづらいことも特徴です。
Check
ソフトジェルは、柔軟性のある柔らかい仕上がりになり、ハードジェルは硬く仕上がります。

ハードジェルって何?

ハードジェルとは、『リムーバーで落とせないジェル』のことを差します。ソフトジェルより硬く強度があるため、強度を活かした爪の長さを出すメニューの、スカルプチュアが行えます。その場合、ハードジェルをジェルスカルプと呼びます。
ジェルスカルプは、アクリルスカルプとは違い、固めるまでやり直しができ、ホログラムなどの埋め込みもできます。ジェルの特徴でもある、透明感のある艶やかな仕上がりになり、ほとんど無臭なので、アクリルスカルプのような強い匂いが苦手な方にもおすすめです。ハードジェルはリムーバーでオフすることが出来ないため、ネイル部分を削って落とします。自分でオフする場合、地爪(自爪)を削りすぎてしまう恐れもあるので、ネイルサロンでオフしてもらった方が良いでしょう。
Point
ハードジェルとは、初めて誕生したジェルネイルです。

ソフトジェルと、ハードジェルの違いって何?

ソフトジェルと、ハードジェルの決定的な違いは、『リムーバーでオフできるか・できないか』という事です。
ソフトジェルは、リムーバーに含まれたアセトンという成分で、ネイルを溶かしてオフする事が出来ます。柔軟性や透過性あるので、折れたり欠けたりしにくく、爪の蒸散作用を妨げないという特徴があります。ソフトジェルでは、爪の表面を削ることなく、自爪の長さを基本にジェルを塗ります。ハードジェルは、ファイルというネイルケアで用いられる“やすり”を使用し、削ってオフします。柔軟性・透過性はありませんが、ハードジェルの方が強度があるため、人工爪によって長さを出すことができます。爪の表面を削り、傷をつけることで定着を良くし、定着を助けるプライマーを塗布します。 ソフトジェルでも、種類によっては数ミリ長さを出せる場合がありますが、ハードジェルでは、1センチほどの長さ出しが可能です。しかし、長さがある分強い衝撃で折れたり、欠けたりすることもあるので注意が必要です。