横浜エリアのネイルサロン検索なら「横浜ネイルnavi」横浜・川崎・関内・上大岡・藤沢など、神奈川県のネイルサロンを多数掲載中!

ネイルサロン専門ポータルサイト(横浜・川崎)!
ジェルネイル、スカルプ、ネイルアート、etc...
横浜のネイルサロン情報とお得なクーポンが満載!

横浜ネイルnavi

横浜ネイルnaviTOP > ネイルなんでも相談室・爪・自爪・薄い・弱い・割れる・折れる・傷む・薄くなる・ジェルネイル・スカルプチュア

ネイルなんでも相談室

ネイルなんでも相談室

爪のお悩みはありますか?

爪の健康やネイルのメンテナンスについて、何をすればいいのかは気になるところですよね。みんなが気にしている疑問に答えていくので、ネイルや指先にお悩みがある方はぜひご覧になってください。日頃の爪の手入れだけでも変わってきます。正しい知識を身に付けて指先をキレイにしましょう!

1, 健康な爪になるには、カルシウムを摂取すると効果的なんですか?

爪を丈夫にするために、カルシウムを摂取してる方もいらっしゃるようですが、カルシウムだけでは、爪が健康になる効果は期待できません。なぜなら、「爪は皮膚の一部が硬化して、爪の根元部分から押し出されてきているもの」であって、骨ではないからです。爪は、ケラチンというタンパク質が変化したもので、髪の毛の主成分と同じです。爪や髪に必要な栄養素は[たんぱく質・ビタミン・ミネラル]です。[動物性タンパク質]は爪に弾力性をもたらし、[植物性タンパク質]は爪を丈夫にします。 栄養バランスの良い食事を取る事で、爪や体全体の健康に繋がります。

2, 「爪が伸びてしまった時は“爪やすり”で削って下さい。」と言われました。爪切りではダメ?

爪は三層構造になっているので、爪切りでパチパチと切ると、その層にダメージを与えるため、二枚爪の原因となる可能性があります。また、ネイルが爪についている場合、爪切りの衝撃でネイルが外れてしまう事(リフト)もあるため、爪切りよりも爪への負担が少ない爪ヤスリがオススメです。爪ヤスリにも種類があり、エメリーボードやファイルなどがあります。
Check
エメリーボードは地爪(自爪)用の爪ヤスリ、ファイルは人工爪用の爪ヤスリです。

3, 『マニキュアを塗ると、爪が息できなくて苦しいから苦手』と、よく聞きます。
爪は呼吸をしているんですか?

爪は呼吸をしていません。爪や髪の毛は切っても痛くないように、既に生きていない細胞の集まりなのです。つまり、『爪が苦しい。』『呼吸できない。』という表現は誤りです。ですが、実際に“苦しい感じがする”と思われている方が多いのも事実です。推測ではありますが、ネイルを塗布した時の“微量な重さ”や“地爪との違いによる違和感” が、“爪が苦しい”という感覚に近いのではないではないかと思います。
Point
指先の“重さ”“違和感” を敏感に感じる方で、ストーンを使ったアートを行いたい場合は、ネイリストに相談をしながら、ストーンなどのパーツを選んでいくとよいでしょう。

4, マニュキュアを塗ってから、ささくれ(さかむけ)増えた気が…マニキュアが原因?

マニキュアは、爪や肌を傷めにくい成分できているため、マニュキュアがささくれの原因ではありません。ささくれの原因は、乾燥した空気による水分・油分の不足や、肌荒れの原因にもなる栄養の不足です。また、ネイル付け替え時に除光液(リムーバー)を使用していた場合、除光液が原因かもしれません。商品によって異なりますが、除光液には指先の水分・油分を奪う成分が入っていることもあるので、除光液の使い過ぎには要注意です!除光液によって爪が乾燥すると、爪のツヤが無くなり、表面がめくれてしまいます。マニュキュアをオフする時には、成分の優しい除光液を使用し、ゴシゴシと爪を擦らないようにして下さい。
Point
キューティクルオイルやハンドクリームを塗って、日頃からしっかり保湿しましょう♪

5, 爪が薄くて弱い、すぐに折れてしまいます。爪の薄い私でも、キレイで丈夫な爪を伸ばせますか?

爪が薄く弱いと、ちょっとした刺激で爪が簡単に折れたり割れてしまうので、キレイに伸ばせず悩んでいる方多いですよね。爪を強くするためには長期的なケアが必要ですが、じっくり 取り組むことで、健康的で理想的な爪に近付けます。そこで、自爪の保護としておススメしたいネイルメニューは、リムーバーでオフのできるソフトジェル(ソークオフジェル)です。ソフトジェルの施術では、自爪にネイルの定着を良くするために、爪の表面を軽く削る施術(サンディング)をおこないますが、ネイルをオフする際はリムーバーでネイルを溶かし、簡単にオフする事ができる為、ネイルを削ってオフを行うスカルプチュアやハードジェルと比べ、自爪への負担が軽くなります。施術後は、ソフトジェルの特徴でもある“ぷっくり”とした厚みが爪を覆い、爪全体が丈夫になります。また、柔軟性があるため、相当な力が加わらない限り、爪が折れたり割れたりする心配もほとんどありません。ソフトジェルは、施術後約1ヶ月と長持ちしますので、その間自爪はジェルネイルに保護(補強)された状態となり、確実に3mm程度爪を伸ばす事ができます。
Point
自爪は、一概に爪が厚いから良い爪ということはなく、厚くても硬い爪は柔軟性がなく、欠けやすいということもあります。自分の爪のタイプを把握し、折れた・ 割れた経験を次に活かしましょう!!

6, スカルプチュアやハードジェルが好きですが、「自爪が痛む・薄くなる」と聞きます。
健康的にスカルプチュアやハードジェルを楽しめる方法はありますか?

スカルプチュアやハードジェル・ソフトジェルも、施術時に自爪にネイルの定着を良くするために、爪の表面を削る施術(サンディング)を行いますが、「自爪が痛む・薄くなる」と言われる理由は、ソフトジェルと異なる“オフ”にあります。ソフトジェルがリムーバーでネイルを溶かしてオフを行うのに対し、スカルプチュアやハードジェルは、塗布されたネイルを削ってオフを行う為、その際に自爪も削られてしまう事があり、繰り返しネイルの着け外しをおこなってしまうと、自爪に傷がつき傷んだり、薄くなります。
そこで、おススメのネイルメニューは、“リペア(お直し)”です。リペアとは、ネイルの浮いてしまった部分だけを削り、自爪が伸びてネイルと境目ができた部分に再度、パウダー(スカルプの場合)や、ジェル(ハードジェル・ソフトジェルの場合)を施しキレイな爪に直す事です。リペアは、爪全体のネイルをオフする必要がありませんので、爪の傷みを最小限に抑える事ができます。また、元のデザインによって異なりますが、リペアの際にネイルデザインのイメージをガラッと変える事も可能ですので、ネイルチェンジをした時のように、新しいデザインを楽しむ事ができます。
Check
ソフトジェルもリペアができます。どのネイルメニューも、爪の周期に合わせ、二週間に一度を目安に、ネイルサロンでお手入れされると、キレイなネイルを保つ事ができます。
Point
自爪を傷めない方法としては、定期的にリペアなどの爪のお手入れをしながら、全ての爪をオフする期間を延ばしたり、ソフトジェルやマニュキュア(ポリッシュ)など自爪を傷めにくいネイルメニューをする事で、爪に休憩期間をつくってあげる事が大切です。

7, 自爪の状態が自分では分かりません、ネイリストさんへ相談しても良いのでしょうか?

自爪の状態を把握し、自爪の健康を第一に考える思考は、ネイルを楽しむ上でとても重要な事です。 『自分の爪が薄いのか・厚いのか』、『自爪の色や形は健康的なのか』など、他人と爪を比較する機会の少ない“爪”について、疑問や不安を感じている方や、爪の事をよく知らないという方も多いようです。特に、常にネイルをされている方の爪は、日常的にカラーが塗布されている状態にあるため、自爪の状態や健康面での変化に気づきにくい事があります。ネイリストは、爪についての知識があるのはもちろんの事、毎日多くの爪を見ている“爪の専門家”です。爪について気になる事があれば、施術時や施術中に気軽に質問をしてみましょう。ネイルには、メニューやメーカーなど様々な種類がありますので、自爪の状態に合ったネイルメニューを提案してもらうのも良いですよ!
Check
『爪は健康のバロメーター』と例えられるほど、爪は体調の変化に敏感です。爪に異常を感じたら、ネイルで爪を隠すのではなく、生活習慣を見直し、保湿などのネイルケアを試しましょう。症状のある場合には、皮膚科へ受診し、症状が改善してからネイルを楽しみましょう!!